ゴルフクラブの選び方の前にアイアンの種類について

ゴルフクラブの選び方の前にアイアンの種類について

ゴルフクラブの選び方としてアイアンの特徴と種類についてご紹介します。
ゴルフクラブの選び方という点で、ウッド(ドライバー)とアイアンの最も大きな違いは、飛ばす事に重点を置いたウッド(ドライバー)とコントロール性に重点を置いたアイアンと言えるでしょう。

アイアンはメタル素材のヘッドで、最近では軟鉄製複合構造やチタンとの複合構造など進化しています。
クラブ自体の長さはウッド(ドライバー)と比較して短くヘッドが三角錐を板状に薄くしたような形状に作られているのが特徴です。
アイアンは飛ばす事よりも正確にゴルフボールを打つことにより特性を置いたクラブで、1番から9番アイアンまであり、それにグリーンへの寄せの際によく使用されるピッチングウェッジ(PW)、バンカーからの脱出の際に使用されるサンドウェッジ(SW)、ピッチングウェッジとサンドウェッジの中間のアプローチウェッジ(AW)、グリーンへの寄せのためのロブウェッジ(LW)という種類があります。

距離を稼ぎたい時ほどアイアンは番数が小さいアイアンを選び、ボールを上げたい時には番数の大きいアイアンを選びます。
だだ、1番アイアンや2番アイアンは長く重いアイアンの為、プロでもほとんど使われていませんし、ゴルフクラブのカタログにもあまり載っていません。
さらに最近では3番アイアンと4番アイアンもアマチュア向けのゴルフクラブのセットでは除外されているようです。

また、飛距離重視のウッド(ドライバー)はカーボンシャフトがほとんどで、カタログにはカーボンシャフトしか載っていないようですが、アイアンでは、コントロール性重視と価格面、フィーリングなどの関係でスチールシャフトを選ばれる方も多く、人気もあります。

シャフトのフレックス、調子やトルクなどで自分のスイングにあったアイアンを選ぶのがポイントです。