石川 遼 15才 男子プロゴルフツアー、最年少優勝!

石川 遼 15才 男子プロゴルフツアー、最年少優勝!

石川 遼 15才 男子プロゴルフツアー、最年少優勝!

ゴルフクラブのバランスと選び方を紹介している当サイトですが、特別ニュースを紹介します。

石川 遼選手15才の高校1年生が、男子プロゴルフツアーで優勝しました!
最年少優勝です、もちろんアマチュアです、通算12アンダー、276で優勝。

しかも、怒涛の23位からのバーディーラッシュによる優勝です、驚きました。
石川遼君の凄かったと言うか、圧巻は、17番ホールでのバンカーからのチップインバーディー!
凄かったですね。
優勝した大会は、東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ(岡山)で開催された、マンシングウェアオープンKSBカップと言う男子プロゴルフツアーの大会です。

もちろん、アマチュアですから優勝賞金の二千万円は受け取れませんが、物凄い事です。
石川遼君のゴルフを始めた動機はお父さんにつれられて練習場に行ったことからだそうです。
ゴルフを始めた時の年齢は6歳で、目標とする人はタイガー・ウッズとの事。

石川遼君の優勝コメントで、こんなまぐれみたいな優勝じゃなくと言っていましたし、凄い15才ですね。

【石川 遼(イシカワリョウ)Ryo Ishikawa】
生年月日 1991/09/17 身長167cm 体重58kg
学校 杉並学院高等学校 1年
得意クラブ サンドウェッジ
ドライバー平均飛距離 290ヤード

「石川遼君プロツアー優勝最年少記録」
石川遼君プロツアー優勝最年少記録は高校生で15才での優勝は、1977年の日本オープンでセベ・バレステロス(スペイン)が記録した20歳7カ月の国内男子ツアー最年少記録を大幅に更新。女子の宮里藍が2003年に優勝した時の18歳101日の記録も塗り替えたんですね。

アマチュアがプロツアーで優勝し、その後「プロ宣言」をした場合は、その年の残り試合と翌年から2年間のツアーシード権を獲得できるんですが、石川遼君は、高校を卒業してプロになりたいと考えていたそうですが、周囲と話し合ってどうするか決めたいと話しているそうです。

ゴルフクラブのバランスと選び方、特別ニュースでした。